自分探しの旅 埼玉県深谷編

キンツマの夫こと第1アーチストです。フリーの立場でギターを教える、という不安定な職業は、まず生徒さんたちとの信頼関係を築くことから始まるといっても過言ではない。

そして、その基本は何と言っても、約束したレッスンスケジュールを守ることであることに異論はないであろう。

では、そのためにはどうすれば良いのであろうか?

その答えを探すため、今日予定されていたマダムM田のレッスンをドタキャンし、埼玉県の奥深く、深谷市に向かった。

朝7時過ぎに戸田市の自宅を出発、17号バイパスをクルマでひたすら走るのだが、走っても走っても同じ埼玉県である。いつの間にか東日本はすべて埼玉県に吸収合併されたのかもしれない。

途中で緑に少し隠れた看板に「〇田市」と出てきたときは、一瞬、戸田市に戻ってきてしまったのではないかと驚いたが行田市だとわかってホッとした。もうあきらめて本当に戸田市に帰ろうとした9時45分頃に深谷市にある酒蔵の映画館「深谷シネマ」に到着。

10時から始まった、お目当てのドキュメンタリー映画を一本見て、映画館のある「ふっかちゃん横丁」を徘徊し、さらにクルマを2キロほど走らせ「ニュー黒んぼ食堂」でランチをしたが、デザートの杏仁豆腐まで完食しても、わたしの求めていた答えは見つからなかった。

帰りは2時間弱で戸田に戻ることができ、夕方からの出張レッスンにはなんとか間に合い、こちらはドタキャンせずに済んだ。私のレッスンにかける一途な執念が通じたのだと思う。自分の責任感の強さをそら恐ろしく感じたほどだ。

それにして埼玉は広い。私のレッスンを受け続けてくれている生徒さんたちの心もきっとこれぐらい広いのだろう。ありがとう埼玉、ありがとう生徒さんたちよ!

 

 

 

映画館の待合スペース。なんとも暖かく居心地の良いスペース。

 

 

 映画館正面。

 

 

 

映画館向かい側。手作りのポスターがいい味を出していました。

 

 

 

全部観たかったのだが残念・・・「太陽の下で」のみ鑑賞。

 

 

 

 

 

ふっかちゃん横丁。酒造会社の古い建物をそのまま生かしているようです。

 

 

 

 

古い煙突らしきものがあった。こういうのを見るとギターを想像してしまうのは職業病かもしれない。

 

 

 

 

こんな感じで・・・。

 

 

味もコンセプトも一味違う、ニュー黒んぼ食堂のチキンカツカレー。

 

 

濃厚なオムライス。チキンカツカレーのほうがあっさり感じるぐらい濃厚。