キンツマ珍道中④ またまた故郷に帰る&その他

みなさまこんにちはコンサートヒマジン代表キンツマです。

 

とうとう梅雨に突入ですが、ちょうどさくらんぼの美味しい時期になりましたね。

お友達と昔ながらのフルーツパーラーに行って、さくらんぼのパフェをいただいてきました。

プリプリのでっかいさくらんぼがいくつも乗っかっており、大満足のキンツマなのでした( ´▽`)。

ってことで、、今回はいきなり(゚д゚)ウマジン。

 

先月はいくつか演奏会がありましたが、

名古屋でのコンサートのあと、少し大阪に里帰りも出来ました。

 

お父ちゃんが近くの美術館にキンツマと第1アーチストを連れて行ってくれました。

 

アサヒビール大山崎美術館です。

古い洋館とお庭が素敵です。

最近は現代建築の離れも増築されたりして、そこにはモネの睡蓮の絵などが展示してあります。オススメです。第1アーチストもとても気に入ったようでした。

 

 

 

 

 

山の中の洋館と美しい庭園

春夏秋冬いつ訪れてもキレイなのですが、秋の紅葉と新緑が特にいいなと思います。

 

美術館のティールーム奥のベランダからの眺め

 

ここの眺めは一番のお気に入りです。

 

 

こんな風景の中で聴きたいなぁと思うのがこのCD♪

 

 

リュート奏者、佐藤豊彦先生の新しいCDです。
5月25日の近江楽堂での素晴らしい演奏会の後に並んで買いました。

しっとりと緑の森のなかにいるような気分になりとっても癒されます。

 

 

 

 

 

さて、父はたくさん盆栽を持っており手入れに明け暮れていますが、作業の時にはこんな帽子をかぶってます。

盆栽love♡の気持ちに溢れているのが、痛いほど伝わって来るではありませんか(  ;∀;)

 

第2アーチストが共感したためか、コッソリ 被って自撮りしてました(゚o゚;;

 

 

 

 

もーびっくりやわ。

 

お父ちゃん、趣味の盆栽の合間に陶芸と漆にも手を染め、いろいろ作ってます。

実家に行くとなんやかんや増えており、気に入ったものを見つけて、たまにもらって帰ってます。

右上から時計回りに、漆の片口、ほおずき型の漆のアクセサリーケース、珈琲カップ、湯呑。

出来は大雑把なところが全面に出ており、売り物には無理そうですが、家族にとっては十分で、愛着がわきそうなものたちばかり。珈琲カップと湯呑は第1アーティストが現在愛用中です。お父ちゃんありがとう。またええの作ってや。

 

 

大阪から帰ると、キンツマの育てているバラが咲いておりました。

小ぶりで可愛いオールドローズで、

つぼみは少し赤が混じってますが咲くと白。真ん中にグリーンアイが見えます。

レモンが混じったような清々しいとっても良い香りがします。

うちの日あたりの良くないベランダではあまり育ちませんが、憧れて数年前買ったものです。

去年はカイガラムシの被害に気づかず放置してかなりピンチでした(ToT)

なんとか今年も咲いてくれ、良かったです。

 

強い生命力に感謝(。-_-。)

 

 

 

報告が遅れましたが、

5月22日にはティアラ江東で、レオナルド・ブラーボさんと第1アーチストのデュオコンサートもありました。

今回はキム家&ブラーボ家、初の共同開催で両家のツマが内助の功を発揮し、アットホームないい感じのコンサートになったのではないかと思う今日この頃♡ 

お客様にもたくさんお集まりいただき、

神奈川や遠くは三重県や岐阜からも来ていただいたりと、ほんとうにありがとうございました。

 

コンサートの終わりにみんなで記念撮影。

ブラツマもチラリ(*^_^*)

 

ギタリストの樋浦靖晃さんと奥様の伴子さん(イーストエンド国際ギターフェスティバル主催者)も来てくださいました。

6月22日は巨匠フェルナンナンデスのコンサートを企画されてます。

もう今からすごくワクワク。キンツマ好みのフェルナンデスなんです(^ω^)

 

みんなも色々忙しいやろけど、これは時間やりくりして聴きに行ったほうがええと思う。

絶対オススメ必聴や~☆☆☆

 お問い合わせ・ご予約はこちら→イーストエンド国際ギターフェスティバル