あのね、こういうプロフィールっていうのは都合のいいことばかり書いてあるんだよ。

キム・ヨンテ(金 庸太)

 

1967年東京生まれ。13歳よりギターを始め、大谷 環、尾尻雅弘、福田進一に師事。93年名古屋ギターコンクール、94年スペインギターコンクールにおいて第1位受賞。

95年に渡仏、パリ・エコールノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセに師事。
97年、同音楽院ギター科を審査員全員一致の第1位で修了。

翌98年、同音楽院の演奏家ディプロマを審査員全員一致の首席で取得。

同年ベルギーに移り、王立アントワープ音楽院スペシャライズコースに在籍、
ローランド・ブロックスの下で研鑽を積む。

その間、ギターをアルバロ・ピエッリ、ジェラール・ヴェルバに、アナリーゼをナルシス・ボネに師事し、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。
2000年に帰国後は、ソロ、室内楽、オーケストラとの共演など、幅広く活動中。

2006年に発表したソロCD「ヴァリエ2 内なる想い」はレコード芸術誌にて特選盤に選ばれる。現在、聖徳大学、現代ギター社GG学院、村治ギター早期才能教室で講師を務める。

 

役に立たないプロフィール

金 庸太(キム・ヨンテ)日本アポヤンド研究開発機構・アルアイレ対策室長。

 

昭和42年荒川区に生まれる。区立西日暮里保育園第一期生(多分)。物心がついた頃に住んでいたのは西日暮里。その後三河島に移り住み、何故か一気に言葉遣いが悪くなる。その後さらに西尾久と荒川区内を転々と移り住む。この頃から独学でギターを始め、アリスなどの「ニューミュージック」に夢中になる。「モーリス買ってスーパースター」になりたかったのに、ギター購入の際に楽器屋に一緒にきてくれた親戚の兄貴(クラシックギター経験者)が有無を言わせず強引に「ピックガードが付いていないダサい」クラシックギターを選ぶ(これがモーリスであったならば今頃はスーパースターは無理でも、カタギにはなっていたはず)。中学時代は卓球部に所属、並行して近所の新堀ギターでクラシックギターも習い始める。この頃、凄惨な兄弟ゲンカの末にやっと自分用の音楽再生機(レコード・カセット・ラジオ一体型のモジュラーステレオ)を買ってもらい、生まれて初めて買ったLPレコードが松山千春の「木枯らしに抱かれて」、そして2枚目が山下和仁の「展覧会の絵」という少年時代を過ごす。卓球では在日朝鮮学校の関東大会で個人戦優勝、全国大会では主将として団体2位という結果を残すも、高校からはギターに専念、コンクールにも挑戦し、その後あんなことやこんなこと(大学受験失敗、ビル清掃、食材の配達ドライバー、キムチ屋、ヨーロッパ留学などなど)がいろいろとぐちゃぐちゃあって、現在に至る。