キンツマ夫ブログ · 09日 1月 2020
エンドロールの途中で私は会場を飛び出した。映画の途中で、傘とフリースがないことに気がついたからだ。 私は頭の中で、映画の中の福山雅治のセリフのように呟いた。 「もし、またフリースをなくしたことをキンツマさんが知ったら(※前科あり)、ぼくは死ぬよ」 頭の中で石田ゆり子が微笑みながら言った。 「きっと即死ね…さよなら」...

キンツマ夫ブログ · 01日 1月 2020
キンツマの実家に私が書いた例の年賀状が届いたそうだ。 元祖天才キンツマのパパは例年通り大きい声で朗読し始めたが、ボケが一切わからず途中で放棄してキンツマのママに交代、キンツマのママも本当に私が病気になったと思って心配した、と小学生の姪っこちゃんからラインメッセージが来た。...

キンツマ夫ブログ · 30日 12月 2019
不義理も失礼も承知で、基本的に年賀状は書かない主義を通している。 きっかけは若い頃に読んだ、やはり書かない主義であった團伊玖磨さんのエッセイに大変共感したからなんだけど、もはやその内容は憶えていない。 要するに良い言い訳を見つけただけなのだ。 しかし、家庭の平和のために、大阪に住む義父への年賀状一枚だけは必ず書かされている。...

キンツマ夫ブログ · 24日 12月 2019
我が家では、クリスマスとかハロウィンとかバレンタインデーとかそういうイベントに軽々しく与しないことを信条としていますが、お仕事としてはこのようなイベントでの演奏も喜んでお引き受けしますので是非ご依頼ください。 「サンタの恰好」で「にこやかに演奏」することもオプションによって選択できます。...

キンツマ夫ブログ · 21日 12月 2019
「分刻みのスケジュール」などと言うが、私などは「秒刻み」で動いている。 最寄りの駅で仕事に間に合う電車に乗れるかどうかは、現在の時間が 「7時19分5秒」 なのか 「7時19分48秒」 なのかでは致命的な差になるのだ。...

まじでノンフィクション · 14日 12月 2019
今朝早く家を出た私は当てもなく旅に出た。気ままに電車を乗り継ぎ、都心とは逆方向にどんどん向かっていくと、千葉県のある町にたどり着いた。 ここは「カーマ・ガーヤ」と呼ばれる一帯であるそうだ。...

未来巨匠は言った。 「師よ、一緒の写真を撮っていただけますか?」 「汝、一緒の写真を所望か。今日はアポフェスTシャツも着ておるしな。よかろう」 「師よ、早くお願いいたします」 「汝、私の中華製タブレットの起動が遅いのを知っておるはず···あれ?汝は!」 「師よ、トオイでございます。菅沼くんと一緒の写真、ちゃっちゃとお願いいたします」...

昼に、我が最寄り駅である戸田駅で元弟子である未来の巨匠と待ち合わせ。 「新宿で汝の埼京線に乗ったか知らせなさい」 と送ったメッセージは 「自分専用の埼京線車両を持てるぐらいの巨匠になって欲しい」 というわたしの強い願いをこめた高尚な言葉遊びであって、決して誤変換ではなかったことをここに宣言しておく。...

コンサート · 24日 5月 2019
四半世紀ほど前、 「ギター界で成功する人は『大』という字がつく人が多い」 と言われたことがありました。 当時からスターだった、鈴木大介、大萩康司、そして木村大。 それなのに軽率に点を足して大切な私の名前を「大」ではなく「太」にしてしまった我が両親を恨みました。 そのことを両親に訴えたら 「『犬』にしなかっただけでもありがたいと思え!」...

 · 15日 5月 2019
こんにちは。 キンツマの夫、第1アーチストのキムです。 この一カ月で3回目の長野県、先月は長野市と上田市、今回は千曲市に寄せていただきましたー! 第5回目になった、篠ノ井高校と上田染谷丘高校のギターマンドリンクラブ合同練習会に、なんとわたくしがゲストで呼ばれたのでした。 合同合奏の迫力あるアンサンブルに圧倒されました!

さらに表示する